«夜9時以降は食べないダイエット | メイン |しょうが紅茶ダイエットの長所 »



お風呂のダイエット効果

私は長風呂をするタイプなので、だいたい1時間以上はお風呂に入っています。
そのうち、お湯に使っている時間がほとんどです。

携帯電話を持ち込んで、ゲームしたりメールしたりしています(^^;
すると時間はあっという間に経ってしまいます。
※防水携帯でなくても、お湯の中に落とさない限り案外大丈夫みたいです。
 私の携帯は今までお風呂に持ち込んだことで故障したことはありません…。

最近では、お風呂用のテレビを購入し、見たいテレビをみたりもしています。

そこで、お風呂でどれだけのカロリーを消費するかを調べてみました。
自分の体重によって消費カロリーはかわってきますが、

▼計算式
自分の体重○Kg×0.0606×○分 となります。

例えば、自分の体重が50kgで1時間お風呂に入ったとすれば、
50×0.0606×60=181.8Kcalです。

ただお風呂に入っているだけで、
これだけのカロリーが消費できるのはポイントですね。
シャワーですますことを考えれば、
やはりお風呂でのカロリー消費は大切なのがわかります。

また、お風呂に入ることで、代謝がよくなりますし、冷えの解消にも役立ちます。

追い炊き機能のついたお風呂であれば、
最初、ぬるめのお風呂に入って徐々にお湯を温めていくようにすると、
かなり汗をかきます。

長時間お風呂に入る場合は、水などの飲み物はあったほうがいいですし、
お風呂の換気や休憩も必要です。
※お風呂に窓がついていない場合は、お風呂のドアをあけて換気扇を回しましょう。

また、お湯に座った状態でつかりながら、手を後ろにつき、
足を曲げた状態で交互にバタバタするのもオススメです。

お風呂の時間を楽しみながらダイエットにつながるように過ごせば、
飽きずに続けることができます。

About

2009年05月10日 00:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夜9時以降は食べないダイエット」です。

次の投稿は「しょうが紅茶ダイエットの長所」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.33-ja